スポーツ整形外科とは

ロコモティブシンドロームのイメージ写真

主にスポーツで生じた運動器(骨、筋肉、関節、神経 など)の損傷について診療していきます。いわゆるスポーツの最中に発生したけが(スポーツ損傷)を当診療科では扱うわけですが、具体的には強い外力によって組織が損傷してしまったスポーツ外傷と、その競技特有の繰り返しの動作(使い過ぎ)によって関節や筋肉などに多大な負担がかかることで発生した損傷(スポーツ障害)の診察・検査・治療を行っています。担当するのは、日本スポーツ協会公認のスポーツドクターでもある伊賀誠医師です。なおスポーツ外傷やスポーツ障害によるケガや障害というのは、主に以下に挙げたものなどです。ちなみにスポーツ外傷とスポーツ障害をまとめてスポーツ傷害と呼ぶこともあります。

スポーツ外傷

  • 骨折
  • 腱断裂
  • 靭帯損傷
  • 肉離れ
  • 筋断裂
  • 筋挫傷 など

スポーツ障害

  • 疲労骨折
  • 骨壊死
  • 骨の変形
  • 腱炎
  • 腱鞘炎
  • 靭帯炎
  • 関節の不安定性
  • 習慣性脱臼
  • 筋炎 など

リハビリで再発予防もしっかりと

また、スポーツによるケガや障害の治療だけでなく、運動能力を回復するためのサポートも当院では行っています。例えば、同じスポーツを不安なく継続できるよう、再発予防を中心としたリハビリテーション(筋力強化、ストレッチング、運動動作指導 など)を主にリハビリルーム内で行いますが、その最中は理学療法士からアドバイスが受けられるほか、ときには手助けも借りつつのリハビリで、スポーツによる傷害予防に対応した内容となっています。

また、成長期にあるお子さんのスポーツによるケガにつきましては、成長に悪影響が及ばないようにする再発予防のリハビリメニューを提案いたしますが、その際に日頃の姿勢などから見直していくこともあります。詳細は、お気軽にお問合せください。

部位別によるスポーツ外傷とスポーツ障害

頸部

スポーツ外傷
  • 頸部(頚髄、頸椎)損傷
  • バーナー症候群

肩・上腕

スポーツ障害
  • 野球肩
  • 水泳肩
  • 上腕二頭筋長頭筋障害
  • 肩峰下インピンジメント症候群

胸部

スポーツ障害
  • 助骨疲労骨折

肘関節、前腕

スポーツ障害
  • 野球肘
  • テニス肘
  • ゴルフ肘
  • 離断性骨軟骨炎
  • 尺骨疲労骨折

手、指

スポーツ外傷
  • スキーヤー母指
  • 槌指

腰部

スポーツ障害
  • 脊椎分離症

大腿

スポーツ障害
  • 大腿骨疲労骨折

骨盤、股関節

スポーツ外傷
  • 骨盤裂離骨折
スポーツ障害
  • 坐骨結節骨端症
  • 骨盤疲労骨折
  • 大腿骨頸部疲労骨折

脚の筋肉

スポーツ外傷
  • 肉離れ・筋断裂
  • 筋挫傷

膝・下腿

スポーツ外傷
  • 半月板損傷
  • 膝十字靭帯損傷
  • 膝蓋骨脱臼
スポーツ障害
  • 離断性骨軟骨炎
  • ジャンパー膝
  • ランナー膝
  • 腸頸靭帯炎
  • 鵞足炎
  • シンスプリント
  • オズグッド・シュラッター病
  • シンティングラーセン・ヨハンソン病
  • 脛骨疲労骨折
  • 腓骨疲労骨折

スポーツ外傷
  • アキレス腱断裂
  • 足関節靭帯損傷
スポーツ障害
  • シーヴァー病
  • アキレス腱炎・周囲炎
  • 足底腱膜炎
  • 中足骨疲労骨折
  • 踵骨疲労骨折
  • 舟状骨疲労骨折