ロコモティブシンドロームとは

ロコモティブシンドロームのイメージ写真

当院ではロコモティブシンドロームの診療も行っています。担当するのは、日本整形外科学会が認定する整形外科専門医で、ロコモアドバイスドクター、ロコモサポートドクターでもある伊賀誠医師です。

そもそもロコモティブシンドローム(通称:ロコモ)とは、運動器障害とも呼ばれるもので、主に加齢に伴って起きる運動器(骨、関節、筋肉 など)の障害によって移動機能(歩く、立つ、座るなど日常生活に必要な動作)が低下し、介護が必要となる、あるいは寝たきりになってしまっている状態のほか、将来的に要介護になるリスクが高いという場合も判定の対象になります。このロコモは、認知症やメタボリックシンドロームと併せて、健康寿命の短縮と寝たきり・要介護状態を招きやすい三大要因のひとつに数えられています。

背中が丸くなった、腰や膝に痛みやしびれがあるという場合は、ロコモを招きやすくするほか、運動習慣のない生活を続けている場合もリスクを高くさせますので要注意です。

ロコモティブシンドロームと診断される方の多くは、加齢による身体機能の衰えをきっかけとした、筋力、持久力、バランス能力の低下によるもののほか、運動不足も相まって起きる運動機能の低下による場合と、加齢に伴って引き起こされるいくつかの運動器疾患(骨粗しょう症、変形性関節症、関節リウマチ、脊柱管狭窄症 など)によって、筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった部位で障害が起きることで、日常生活で必要とされる移動機能の低下がみられるという場合に分けられます。

なおロコモは、高齢者になってから起こる現象と考えている方もいるかもしれませんが、40代の5人に4人の方がロコモ予備軍であるとも言われています。そのため日頃から運動不足という方は、早めの予防対策も必要です。

ロコチェックについて

なお、ご自身がロコモティブシンドロームの可能性があるかどうか心配されている方は、日本整形外科学会のロコモティブシンドローム予防啓発公式サイトの「ロコチェック」のページをご覧ください。そこにチェック項目が全部で7つ挙げられていますが、そのうちひとつでも該当する方については、ロコモもしくはその予備群と診断される可能性が高いです。気になる場合は、お気軽にご相談ください。

ロコチェック7項目

  • 片脚立ちで靴下がはけない
  • 家の中でつまずいたりすべったりする
  • 階段を上るのに手すりが必要である
  • 家の中のやや重い仕事(掃除機の使用、布団の上げ下ろしなど)が困難
  • 2kg程度の買い物(1リットルの牛乳パック2個程度)をして持ち帰るのが困難
  • 15分くらい続けて歩くことができない
  • 横断歩道を青信号で渡りきれない

またロコチェックだけでなく、20~70代までの世代ごとのロコモの危険度を判定する方法として、「ロコモ度テスト」というのもあります。これも日本整形外科学会のロコモティブシンドローム予防啓発公式サイト内にあるもので、「ロコモ度テスト」のページで確認できます。同ページでは、下肢筋力を調べる立ち上がりテスト、歩幅を調べる2ステップテスト、体の状態や生活状況を調べるロコモ25という3つのテストが掲載されています。これらのテストで1つでも該当する項目があるという場合は、ロコモティブシンドロームが疑われますので、一度当院をご受診されるようにしてください。

受診の結果、ロコモと診断された、またはその予備群と指摘された場合は、患者様の状態によって内容は異なりますが、多くは、筋力強化、歩行訓練、転倒しないためのバランス強化(体幹を鍛える)、歩行の安定性といった運動療法を中心に医師や理学療法士のサポートを受けながら日々行っていきます。また日々の生活習慣の見直しも併せて行っていきます。