整形外科全般とは

整形外科のイメージ写真

整形外科全般では、運動器(全身の運動に関係する器官や組織の総称で、骨、神経、筋、関節 などが含まれる)で起きた病気やケガについて、部位や症状の程度に関係なく、幅広く診療していきます。

なお整形外科には、年齢制限はなく、生まれて間もない乳児からご年配の方まで全ての世代の方を対象としていますので、親子三世代で遠慮なくご受診ください。

当診療科は、ぎっくり腰や腰痛、手首や足を捻ったことによる捻挫や骨折、転倒して打撲やケガをした、背中が丸くなった、肩や首がこる、膝が痛い、手や指などを使い過ぎて腱鞘炎が起きている、など日常生活でよく起きる運動器の疾患やケガを主な対象としています。なおスポーツによるケガに対しては、特殊なケースが多いので、一般整形外科とは別にスポーツ整形外科での診療となります。また交通事故や労災によるケガにつきましてもお気軽にお問い合わせください。

また当院整形外科担当の伊賀誠医師は『明石医療センター』に非常勤で勤務しております。同じ担当医でスムーズに急性期基幹病院への紹介が可能です。

スポーツ整形外科はこちら

以下のような症状はご相談ください(例)

  • 肩や首がこる
  • 腕が上がらない
  • 首、肩、腕、肘、手などが痛む
  • 腰、股関節、膝、足、背中などが痛む
  • 手や足などがしびれる、感覚が鈍い
  • 手足に力が入らない
  • 手指がこわばる、脹れる
  • 指を伸ばす時に引っ掛かる
  • 突き指をした
  • 捻挫、骨折、打撲、脱臼をした
  • 切り傷、すり傷などの外傷を負った
  • 交通事故にあった、仕事中にけがをした など

診察について

当院の診察についてですが、まずは問診から行います。ここでは来院のきっかけとなった原因や症状がいつ頃から起き、どのような症状だったかをお聞きするほか、既往歴、服薬歴、家族歴、生活歴などについてもお尋ねします。さらに身体診察として視診(患者様が訴えている部位だけでなく、全身も含めて医師が観察)や触診(患者様が痛みなどを訴えている部位を医師が手で触って所見をとる)もしていきます。

身体診察後、詳細な検査が必要と医師が判断した場合は、画像検査(X線撮影、超音波検査、CT、MRI )、血液検査、骨密度検査、関節鏡検査なども用いるなどすて、診断をつけていきます。

その結果、入院加療などが必要という場合は、基幹病院でもある明石仁十病院へスムーズに診療できる手配をいたします。

症状別にみる整形外科領域の代表的疾患

首の痛み

  • 頸椎症
  • 寝違え
  • むち打ち症
  • 頸椎症性神経根症
  • 頸椎椎間板ヘルニア

肩のこり、痛み

  • 頸肩腕症候群
  • 五十(四十)肩(肩関節周囲炎)
  • 肩腱板損傷

手のしびれ

  • 頸椎椎間板ヘルニア)
  • 手根管症候群

肘の痛み

  • 腕骨外側(内側)上顆炎(テニス肘、野球肘など)
  • 肘内障
  • 肘部管症候群
  • 変形性肘関節症
  • 離断性骨軟骨炎

手・手首の痛み

  • 手根管症候群
  • 関節リウマチ
  • 腱鞘炎
  • 手指変形性関節症

手の指の痛み

  • ばね指
  • 突き指
  • デュピュイトラン拘縮
  • ヘバーデン結節

腰の痛み

  • 腰痛
  • ぎっくり腰
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 変形性腰椎症
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 胸・腰椎圧迫骨折
  • 腰椎分離・すべり症
  • 坐骨神経痛
  • 骨粗鬆症

ももの付け根の痛み

  • 変形性股関節症
  • 単純性股関節炎

足のしびれ

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 慢性閉塞性動脈硬化症(ASO)

膝の痛み

  • 変形性膝関節症
  • 靭帯損傷
  • 半月板損傷
  • オスグッド病(小児)
  • 関節水腫
  • 関節ねずみ(関節内遊離体)

すねの痛み

  • シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)

足の痛み

  • 足底筋膜炎
  • 扁平足
  • アキレス腱断裂

足指の痛み

  • 外反母趾
  • 巻き爪(陥入爪)
  • 痛風