骨粗鬆症とは

骨粗鬆症のイメージ写真

何かしらの原因によって骨の強度(骨強度:骨密度と骨質が合わさったもの)が低下し、次第に骨が脆くなっていくことで骨折しやすくなる疾患を骨粗鬆症と言います。発症の原因はいくつかありますが、患者様に閉経後の女性や高齢者の方が多く見受けられるのが特徴です。

この場合、骨強度が低下していくことによる自覚症状はないとされ、人によっては腰や背中が痛むことはありますが、老化現象と思われることもよくあります。いずれにしても放置が続くと、背中や腰が丸くなる、背が低くなる、骨折しやすくなるといった症状が現れます。なお骨粗鬆症の患者様で折れやすい部位というのは、手首、背骨、大腿骨近位部(足の付け根の部分)といった箇所です。ちなみに大腿骨近位部が骨折すると、高齢者であれば寝たきりになることもあります。また背骨が脆弱化し、圧迫骨折が起き、前かがみの状態になると内蔵が圧迫を受けるので消化不良や便秘といった消化器症状がみられ、さらに心肺機能にも影響が及んで息苦しいなどの症状も現れることがあります。また骨折に気づかなくとも腰や背中などに痛みがみられ、日常生活にも支障をきたすようになるので、QoL(生活の質)も低下するようになります。

発症原因に関しては、原発性骨粗鬆症と続発性骨粗鬆症の2つに分けられます。原発性は病気など明らかな原因はなく発症するタイプで、主に閉経や加齢によって引き起こされると言われており、高齢女性の患者様が多いことでも知られています。なお全骨粗鬆症患者様の9割近くが、この原発性と言われています。一方続発性は、病気(糖尿病、副甲状腺機能亢進症、甲状腺機能亢進症、慢性腎臓病、骨形成不全症 など)や薬剤(ステロイド 等)、長期の寝たきりなどが原因となって発症するタイプです。

なお原発性、続発性に関係なく、骨粗鬆症を発症しやすい方は次の通りです。

  • 年齢が高めである
  • 女性である
  • 閉経が早い
  • 骨折を過去にしたことがある
  • ステロイド剤を長期投与している
  • 家族歴 など

検査について

骨粗鬆症が疑われる場合の診断をつけるための検査としては、脊椎のレントゲン撮影で骨折の有無を調べるというのもありますが、よく行われるのが骨密度検査です。ちなみに骨密度とは、単位体積あたりの骨の中のカルシウム量を言うのですが、これは骨の強さを判定する指標になります。

骨密度を測定する際はX線や超音波などを使用しての測定となります。診断基準についてですが、被検者の方が若い世代の方(20~44歳)の骨密度の平均値(YAM値)と比較して、70%以下の数値(脆弱性骨折がない場合)が確認された場合に骨粗しょう症と診断されます。なお骨密度検査は、種類がいくつかありますが、一般的に用いられるのがDEXA法と呼ばれる検査方法です。これは、高低2つの異なるエネルギーのX線を特定の部位(主に腰椎や大腿骨近位部)に照射することで測定していきます。その結果、YAM値が70%以下という場合は、さらに血液検査をして、原発性か続発性かを確認し、後者であれば原因に対する治療が行われます。

治療について

ここでは原発性骨粗鬆症に対する治療の説明をします。治療の目的は骨折を防ぐということです。そのためには普段の生活習慣の見直し、それと併行して薬物療法も行っていきます。

生活習慣の見直しで重要なのが食事面です。この場合、食事療法でカルシウムやカルシウムの吸収を促進させるビタミンDやビタミンKなどが多く含まれる食品を積極的に摂取します。また、骨強度を上げられるよう適度に骨に負荷をかけて丈夫にする、転倒を防止するための筋力や体幹を鍛えることも重要です。そのため運動も行うようにしてください。

それらに併行して薬物療法も行っていきます。具体的には、骨吸収を抑制する薬(ビスホスホネート、SERM など)、骨代謝を調整する薬(活性型ビタミンD3製剤)、骨経形成を促進させる薬(テリパラチド)などが用いられます。

このほかにも、禁煙の実践、日光浴によるビタミンDの合成、転倒やつまずきをしにくい環境を整えるといった改善策も行うようにします。