リハビリテーションとは

リハビリテーションのイメージ写真

リハビリテーション(リハビリ)とは、主に病気やケガなどによって、身体機能などに障害が起き、それによって日常生活に影響が出ている状態を医学的に改善していくことで、日常生活に必要な動作(ADL)を維持あるいは獲得していこうとする、あらゆる取り組みになります。

医学的と言いましても、脳神経など様々な種類がありますが、整形外科領域でのリハビリというのは、運動器リハビリテーションのことです。その中には、理学療法、作業療法、義肢・装具療法があります。これらによって、病気やけが、老化、スポーツ外傷・障害、手術などで引き起こされた運動器の機能障害を回復、改善させていくことが目的となります。

リハビリテーションの対象となる主な症状(例)

  • 首や肩が痛い
  • 腕が上がらない
  • 手足がしびれる
  • 腰が痛い
  • 歩くと膝が痛む
  • けがで体がよく動かない
  • 体を動かすと痛みがはしる
  • スポーツ活動に早く復帰したい
  • 手術後のリハビリテーション など

運動器リハビリテーションとは

日常生活で必要な動作能力を維持、回復させるために行われるリハビリが運動器リハビリテーションです。運動機能の低下とそれに伴う活動性の低下による廃用症候群(体力低下、筋委縮、関節拘縮 など)を防ぐことが主な目的となります。同リハビリには理学療法をはじめ、作業療法、義肢・装具療法があります。それぞれの内容については、以下で説明します。

理学療法

理学療法は、病気やけが、老化、手術、障害などによって運動機能が低下している患者様を対象に、運動(運動療法)や物理的な手段(物理療法:温熱、電気、水、光線 等)によって、日常生活に必要とされる動作能力を維持、回復するために行われるリハビリになります。理学療法は、運動療法と物理療法の2つに分けられますが、いずれも医師の指示のもとに理学療法士が、患者様のサポートをしつつ、運動機能の評価、訓練や指導を行っていきます。

運動療法とは

身体の全体、もしくはその一部を動かしていくことで、身体あるいは運動機能を維持・回復させることを目的に行っていきます。具体的には、立つ、起きる、座るといった基本動作のトレーニングを中心に関節可動域訓練や筋力増強訓練、持久力訓練、歩行訓練などを行っていくわけですが、これによって、筋力、柔軟性、バランス能力といった点を改善していきます。これは患者様ご自身がもつ自然治癒力を増進させる効果があるとされ、運動器リハビリテーションの中でも中心的とされるメニューでもあります。

物理療法とは

物理的な刺激を身体に与えていき、それによって引き起こされる生体反応を利用していくことで、運動機能などを改善していくリハビリが物理療法です。具体的には、ホットパックや超音波療法によって患部の表面や深部を温め、血流の増加や代謝の促進、痛みを軽減させるなどしていく温熱療法、それぞれ異なる周波数の電気刺激で筋肉の萎縮を予防、疼痛を和らげるなど、低周波治療をはじめとする電気(光線)療法、さらに水の浮力や抵抗力を利用していく水治療法のほか、牽引療法(引く力を身体のある部分に加えていくことで、骨折、関節変形、拘縮といった症状に対する治療を行っていく)などがあります。

作業療法

心身に障害がある患者様が、生活をしていく中で日々必要とされる動作や社会的適応能力を回復することができるよう、いろいろな作業を行うことで症状を改善していこうとする取り組み(リハビリ)が作業療法です。主な内容ですが、機能的作業療法(ペグボードなどを用いて関節可動域の制限や筋力低下の改善や予防をしていく)、日常生活動作訓練(調理・食事・トイレ・入浴などの日常生活動作を向上させるために行う訓練)、心理的作業療法などを行っていきます。

義肢、装具療法

何かしらの原因で欠損が生じた手足の代わりとなる義手や義足、運動を補助する装具を用いるなどして行う運動器リハビリテーションを義肢、装具療法と言います。